本文へスキップ

   

TEL. 026-245-2342

〒382-0033 長野県須坂市亀倉6-6

最近の様子news


○ 最近の様子 2016年

No.38 読み聞かせスペシャル 〜読み聞かせの世界に引き込まれました〜

写真11月30日(木)、第6校時「総合的な学習の時間」に、読み聞かせスペシャルがありました。 これは、毎月読み聞かせをしてくださる「ほしのこえ」の皆さんとは違った方々の、「たんぽぽの会」の読み聞かせボランティア皆さんによる読み聞かせであり、今年で5回目となりました。
今年は、従来の「ペープサート」・「パネルシアター」・「読み聞かせ」に加えて 「ビブリオトーク(ブックトーク)も行われました。
一人で行う読み聞かせ、一人で何役も見事な声色で演じわける姿、何ともいえない間で喜怒哀楽を表現する姿に、全校生徒も職員も引き込まれました。 新しい試みも加えながら、生徒たちに本の楽しさを味合わせてくださるたんぽぽの会の皆さん、本当にありがたいです。 活字離れが叫ばれる昨今ですが、こういった1つのきっかけを通して読書への興味が高まり、深まっていくことを願っています。「たんぽぽの会」の皆さんはもちろん、毎月お世話になっている「ほしのこえ」の皆さんの活動、そしてボランティアとしてご協力に感謝であります。ありがとうございました。









No.37 生徒会人権集会 〜生徒による人権宣言〜

写真11月29日(水)、朝の生徒集会において「生徒会人権集会」が行われました。
この集会では、昨年度作成された「東中学校人権宣言」が再確認され、全校生徒で人権宣言を読み上げ宣誓しました。
「東中学校人権宣言」は、昨年度の卒業生が2年時につくった、1組〜3組の3クラス宣言がそのベースとなっており、全校生徒が加除修正を重ね作られ、生徒総会で承認された物です。言わば「生徒の手による 生徒のためにつくられた」人権宣言です。 生徒会本部は、この歴史的な動きを後輩たちにもしっかりと伝え、これからも大切につないでいこうと考え、自分たちの思いも重ねて発表しました。 「一人ひとりを大切にしたい」「いじめは全体に許さない」という全校生徒の願いや思いが宣誓の声となって体育館全体に響き渡りました。









No.36 アズマデー発表会 〜各学年が、総合的な学習の時間で学んだことを発表〜

写真 「アズマデー発表会」は、4月からの「総合学習の発表の場」、生徒たちの「アウトプットの場」として設定されました。
 1年生は「知る」をキーワードに学習を進め、職場見学の様子や長野県短期大学馬場先生に学んだ哲学対話、そして福祉施設(グリーンアルム)に訪問し、高齢者の方々と歌やゲーム、手作りの絵手紙を渡すなどの交流を行ったことなどを発表し、職場見学で知ったこと、福祉施設で学んだ施設の役割やそこで生活する方々について自分たちの言葉で語りました。
  2年生は、2回(合計4日間)行った「職場体験」をする中で、仕事に向き合い、自 ら「体験する」ことをキーワードに「職場体験」に挑んだ結果について「PDCAサイクル」に準じた学びや体験の足跡を発表しました。生徒たちの発表では、「職場で学んだことは、仕事のことだけでなく、人生そのものだった」「自分の悩みについて、真剣にこたえてくださった」など、職場体験という学習のもつ懐の深さも話されました。  
 そして3年生は、「考える」をキーワードに1学期から取り組んできた「講演会」や 様々な「福祉活動」(あいサポート研修・車いす体験、高齢者疑似体験・手話サークル の方々との交流や手話体験など)通して、これからの自分の役割や自分らしい生き方を 考える学習となったことが報告され、最後に「花は咲く」の歌を「手話」を交えて発表 しました。感動を呼ぶ、素晴らしい手話と歌でした。










No.35  第3回アズマデー 〜地域体験講座、そして発表会へ〜

写真  今年度3回目のアズマデー、今回は「地域体験講座」と題し6つの講座が開設されました。その6つとは…  
@サバイバル炊き出し体験講座
*野外でハイゼックスを利用して炊飯する方法を体験し、災害時の考え方を学ぶ。  
Aブラインドサッカー体験講座   
*目の見えない人の立場でサッカーを体験し、福祉の考え方を学ぶ。  
B異文化交流体験講座   
*須坂市を訪れている様々な国の人との交流を体験し、異文化理解の考え方を学ぶ。  
C縄文文化体験講座   
*縄文時代の生活の一部を体験し、古代人の考え方を学ぶ。  
D伝統的玩具作成体験講座 *日本の伝統的玩具の竹トンボつくりを体験し、ものづくりの考え方を学ぶ。  
E伝統的楽器体験講座  *日本の伝統的楽器の琴や尺八を体験し、日本人の伝統的な考え方を学ぶ。 であります。 体験を通して、生徒たちの「笑顔」はもちろんですが、講師の皆さんの「笑顔」がとても多く見られ、その姿がとても素敵であり印象的でした。ありがたかったです。  発表会については、次回お送りします。










No.34 「 創立60周年記念講演会」

写真 10月27日(金)、創立60周年記念事業の最後の取組として「記念講演会」が行われました。 「若いうちに〜体験を通じてチャレンジの芽が〜」と題して、現在、信州すざか農業小学校豊丘校校長、小林道男先生がお話されました。
 お話には
◇「冒険しよう!」 〜チャレンジ精神〜」
◇「アンテナを高く張ろう!」
     〜ひらめきやヒントのキャッチ
◇「感謝の気持ちをもつ」 〜・・・のおかげ〜   という上記「3つのキーワード」がありました。ご自分の経験から、中学生の若さに大きな夢と期待を抱いたお話でした。
「・・・のおかげ」 いい言葉ですね。生徒たちに、若さを武器に、いろいろな体験を重ねてほしいという先生の願い、本当にありがたいです。








No.33 アズマデーを終えて 〜各学年のキーワードへの挑戦〜

写真 今年度2回目の「アズマデー」が行われました。1年生は「知る」 2年生は「体験する」 3年生は「発信する」をキーワードに、2日間の学習を行いました。  
 写真は1年生の学習の場となった「絵手紙」の作品からです。1年生は、「社会福祉施設へ訪問」を行いました。施設では歌を披露したり会話を楽しんだり、色紙折りやトランプなどを一緒にしたりしました。また、その際のお土産として絵手紙を制作しました。施設の方々とのかかわりから、いろいろなことを知りました。  2年生は、7月に引き続いて2回目の「職場体験学習」を行いました。2回目ということで各所で落ち着いた取り組みができました。働くことを実際に体験する中で、仕事のもつ楽しさや厳しさを体感できました。  
 そして3年生は、車いすの体験や高齢者疑似体験をしたり、ギタリストの川崎さんの演奏や講演を聞いたり、高校へ進学した先輩たちとのパネルディスカッションをしたりしました。そんな中で、「自分たちはどうあるべきなのか」について本気で考え、11月9日のアズマデー発表会での発信を考えました。  
 それぞれの学年が、学年のキーワードに迫る追究ができた2日間となりました。








No.32   3年生、市内中学校親善音楽会へ 〜東中の合唱を発信!〜

写真12日(木)は須坂市内の4つの中学校が集まって、「市内中学校親善音楽会」が行われました。参加学年は3年生。本校からは総勢62名が参加、欠席者「0」の全員参加の音楽会でした。「全員が参加」、それだけでも素敵な音楽会なのですが、メセナホールでも3年生はやってくれました。 「3年生は力を出し切った。心から感動し、涙が止まらなかった。素晴らしかった」とは学校長の言葉。「本気で歌う姿に幸せを感じた」「これまでの過程が合唱と共に映像となって脳裏に流れて…」「3年生の底力を見た感じがする」これらは引率職員の声でした。  今回3年生は、「校歌」「旅立ちの時〜Asian Dream Song〜」「信じる」の3曲を歌いました。市内の4つの中学校の中で、最も人数が少ない合唱団、それが東中学校3年生でした。しかし、「合唱は人数ではない」の思いから、3年生はその曲々に思いをのせて歌いました。 その歌声やその心、歌に向かう姿勢が、会場にいる人たちの心を揺さぶることができました。 「よくやったね、3年生!」そんな気持ちでいっぱいです  音楽会の様子は、須高ケーブルテレビにて放映されます。ぜひ、ご覧ください。








No.31 創立60周年記念音楽会、第40回東祭、大成功!!

写真2日間に渡る東祭、そして本日行われた創立60周年記念音楽会、保護者の皆様、そして地域の方々、卒業生の皆さんのご協力により「大成功」に終わりました。ありがとうございました。 生徒たち、そして職員一同が、すべての式・次第を終えた今、大きな感動に包まれています。 創立60周年記念音楽隊による『アカペラ混声四部合唱校歌600人合唱』、最高でした。在校生の声、保護者の皆様の声、来賓:地域、そして卒業生の方々の声が1つとなったアカペラ校歌のハーモニーは、あの大きな体育館の空気を完全に支配し、響き渡りました。あの美しいハーモニーが今も耳に残っています。 編曲された吉本先生は「本当に美しいハーモニーでした。素晴らしい合唱を聴かせていただき、幸せでした」と話されました。とてもうれしい言葉でした。 今回、私たちは「校歌の編曲」に込められた多くの方々の願いや思いを知ることができました。ご尽力いただいた方々の願いや思いを、これからも大切に「つなげていきたい」と思います。これが大切な「東中生の絆」です! 以上をもちまして「〜絆〜sansinnで築け!184人の舞台」、第40回東祭、創立60周年記念音楽会を閉じます。ありがとうございました!!









No,30 東祭まであとわずか… 〜チャレンジランキングのリハーサルから〜

写真いよいよ東祭も今週末、残り数日となってきました。夏休み前から計画的に準備を進めてきた生徒たちですが、「やること」「やりたいこと」はまだまだ山ほどあります。忙しい中で、それぞれが仲間や後輩のために頑張る姿は見ていてすがすがしいです。 そんな中、生徒たちが楽しみにしているチャレンジランキングのリハーサルが行われました。今年は創立60周年を記念して、種目を大きくリニューアルしました。その種目とは…「応援合戦」「大綱引き」「大玉送り」「大縄跳び」、そして「全員リレー」の5種目です! 生徒たちが自分たちで本気で考え、思い出深い小学校時代の種目も含めやりたい種目を選びました。どの種目の練習も、予想通り大変盛り上がりました。 この日のために新調された「大綱」、互いが引き合う「ビシッ」という音は圧巻でした。 大玉は仁礼小学校からお借りし、無事練習を完了しました。そして圧巻だったのは、3年1組の「大縄跳び」です。なんと「235回」跳びました。全校から割れんばかりの大拍手! 本番が楽しみです。地域の皆様、生徒たちの笑顔をみてください。ぜひともお越しください。お待ちしています。









No,29 60周年記念音楽会にむけて 〜大勢の保護者の皆さんがご参加してくださっています〜

写真9月21日(木)、PM7時30分よりPTAコーラスの練習が行われました。 今回で3回目の練習となりましたが、毎回60名前後の保護者・先生方が参加してくださり、練習は例年以上の盛り上がりとなっています。 今年度は「明日はきっといい日になる」という高橋優さんの曲を、合唱曲にアレンジしたものを歌っているのですが、保護者の皆さんも先生方も笑顔いっぱいで、楽しみながら爽やかに歌えています。   最初の1回で音取りが完成し、2回目からは合わせに入り、3回目からは部分ごとの練習や自信がない部分の音取り・ハーモニーの確認をするなど、朝日先生のご指導のもと、曲は完成の方向に進んでいます。あと1回の練習(9/28 PM7:30)で本番を迎えますが、よい合唱になるそうな気がします。 尚、まだまだご参加いただける皆様がおられましたら、ふるってご参加ください。 今年度の音楽会は「創立60周年記念音楽会」として、東中学校の60周年記念式典を織り交ぜながら実施します。保護者の皆様やご家族様はもちろん、卒業生や地域の皆様も大勢ご参加いただけたら大変ありがたく思います。そして「東中学校校歌」を一緒に歌っていただけたらと思います。よろしくお願いします。









NO.28 9月「校長講話」より 〜何のために学ぶのか〜

写真〜13日(水)、朝の校長講話では「何のために学ぶのか」を主題に学校長のお話が展開されたました。東祭に向かうこの時期に、生徒たちはこの学校長の問いかけに対し、真摯に向き合い、考えることができました。 お話の中で取り上げられた「吉田松陰」は、29歳 という若さでその生涯を終えるも、その「志」は、明治維新の立役者となった多くの人物に影響を与え、その後の日本の土台を築き上げる人物たちを育てることとなりました。   そんな中で学校長は、「一緒に励みましょう」という吉田松陰の言葉を紹介してくださいました。「学ぼうとする生徒たち」「指導する先生・大人たち」に対する言葉です。 「ハッ」としました。この「一緒に励みましょう」の言葉の中に、生徒はもちろん先生方や大人たちのあり方を織り込んでお話だったのです。 私たち大人も、生徒(子どもたち)とともに日々成長せねばと思いました。 だからこそ「一緒に励みましょう」なんですよね。 詳しくは「学校だよりNO.18」をお読みください。










NO.27 夏休みの体験発表(全校集会で代表者が発表しました!)

写真6日(水)、朝の全校集会において、生徒たちの「夏休みの研修や活動」の中から、代表生徒による発表がありました。 大分県別府市で行われた全国中学校大会(卓球の部)では、「全国の壁やレベルの高さ、見えてきた自分の課題」が話されました。サイエンスグランプリでは「参加常連校の強さにふれた体験と自分たちの挑戦の姿」について報告があり、JRCトレセンは「多くの体験と仲間と出会うことができた喜び」が語られました。そして「広島平和学習」に参加した生徒たちからは、写真を交えて、広島への訪問の意味や核兵器に対する考え、平和の大切さなどが話されました。 それぞれが貴重な体験をしてきたことがわかり、仲間たちにもその思いや体験を伝えることができた集会でした。






No.26 東祭まで1ヶ月を切りました!着々と準備が進んでいます!!(グランド整備 石拾いの姿から)

写真夏休みを終え、東祭まで1ヶ月を切りました。生徒会の様々な活動が活気を帯び、9月29・30日にむかって着々と準備が進んでいます。 そんな中で、チャレンジランキング成功にむけて、グランドの石拾いが行われました。 「朝の10分間でグランド整備」 朝の活動の時間、「10分間」という短い時間の中で、美化委員長の的確な指示のもと、全校が本気になって石拾いをしました。集中して黙々と拾う君、素早く移動しながら拾う君、仲間の石を一輪車で集めてくれた君、見事な連携でした。 学校訪問で朝から本校に見えられ、車におられた高校の校長先生が、生徒や先生方の動きを見ておられ、「学校の落ち着き・安定が現れている」「整然と作業のできる素晴らしさ」をご指摘くださいました。   「当たり前のことが当たり前にできる…」 東中学がさらに進化しようとしています。 大切ですね!東祭にむかって、生徒たち頑張っています。









No.25 1学年:妙高高原学習より(哲学対話・ウォーキング、妙高アドベンチャーから)

写真5月、突然のインフルエンザ流行で延期となっていた「妙高高原学習」。8月28・29日は天候にも恵まれ、仲間たちと一緒に素敵な2日間を送ることができました。
中でも「哲学対話」「哲学ウォーキング」(長野県短期大学:馬場智一先生ご指導による)という新しい取り組みは、生徒たちが自分と向き合い、友だちについて考える貴重な時間になりました。(馬場先生のご指導は、この秋にも予定しています)
また、妙高アドベンチャーでは、既製の遊具を使って遊ぶのではなく、自分たちで遊びを創り出す楽しさや難しさ、友とのかかわりや協力の必要性を学ぶことができました。
妙高高原学習は今年が元年です。これから生徒たちと一緒によりよいものを創っていきたいと思います。









No.24 第2回コスモス街道除草PTA活動ありがとうございました!

写真8月5日(土)、今年度2回目のPTA活動として「コスモス街道の除草」が行われました。 今回は3学年のPTAの皆様を中心に約70名が参加し、朝7:00から始めました。
7月1日の活動が雨のためできなかったため、雑草の生長が激しく、大変な除草作業となりましたが、PTAの皆様のおかげで、あっという間に素敵な花壇に戻りました。
生徒たちも7月に2時間かけて除草を行い、日々の水やりとともに除草もしているのですが雑草の勢いは凄まじく、苦戦の日々でした。
これでサルビヤやカンナも大きく成長ができます。ありがとうございました。
(次のコスモス街道PTA活動作業は、8月26日を予定しています)









No,23 卓球部、北信越大会で全力を尽くす!!〜女子、北信越ベスト8に!〜               【写真は県大会】

写真今年度の中体連北信越大会は、長野県開催です。8月1日より長野県各地でされています。そんな中で本校「卓球部」は、男女共に北信越大会の団体戦に進み(女子は個人戦に2名が出場)、3・4日と全力で戦いました。 3日(木)は団体戦。男子は予選リーグで念願の1勝(石川県:浅野川中に勝利)を果たしましたが、1勝2敗となり敗れました。女子は予選リーグを2勝(新潟県:城東中、富山県:福光中に勝利)、2勝1敗のリーグ2位で決勝リーグに進みました。そして準々決勝で福井県:春江中に2−3という大接戦の末、敗れました。(春江中は準優勝でした) 全国大会まで「あと一歩」というところまで迫りましたが、本当によく頑張りました。 よって女子の結果は「北信越ベスト8(第5位)」です。おめでとうございました!! 尚、4日(金)は、個人戦が行われています。









No,23 「水やり」ありがとうございます!〜当番活動に思う〜

写真夏休みの委員会・係活動の中に「水やり」があります。コスモス街道の花壇の水やりは全校生徒がかかわり、教室内や学校周辺の鉢植え・花壇の水やりは委員会が担当します。 今回は「委員会の水やり」をご紹介しますが、美化委員の皆さんは、本当にていねいな水やりが行われています。「地面に水が浸み、浮き出るくらいまで」を合い言葉に水やりをする委員の姿に「本物」を感じました。サボらずに本気で取り組める生徒たちの姿に学んでいます。









No,22 夏休みの補習学習が始まりました。(7/28〜8/3まで) 写真夏休みの補習学習が始まりました。補習は、8時30分の集合ですが、8時を過ぎた頃から生徒たちは登校し、その意欲の高さを感じます。 補習学習は1日3時間、5教科を中心に、インターネットを使った学習の仕方などの講習も含めて行っています。各教室を回ってみますと、1学期の復習を中心に、問題に向かう姿、先生方の話を真剣に聞く姿が観られました。 長い夏休みです。休みの最初に学習の癖をつけ、有意義な夏休みにしたいものです。








No.21 1学期「75日間」が終わりました 〜終業式〜

写真 7月26日(水)、東中学校の1学期終業式が行われました。会に先立ち、夏休みに行われる諸行事に参加する生徒たち(卓球中国訪問・JRC合宿・広島平和学習・サイエンスグランプリなど)が紹介され、その決意が発表されました。 また、学年代表の3名は、1学期の自分の取り組みをふり返り、自己評価をしたり改善点を見いだしたり、新たな決意を表明したりと、それぞれに聞きごたえがありました。 学校長からは1学期の総括が話され(詳しくは「学校だより13号」を参照)、生徒たちの頑張った姿が数多く取り上げられ、「美しい学校のさらなる具現」が話されました。そして、3年生には「勉強、頑張れ!」のエールが送られました。 今日から夏休み(8/23まで)です。安全第一、事故がないようご家庭でもご指導ください。よい夏休みになることを期待しています。





 

NO.20 おめでとう! 卓球部、男女で北信越大会へ 〜個人も2名が全国へ挑む!〜 写真7月14日朝、壮行会が行われました。県大会に出場する卓球部と体操の生徒たち、通信陸上に出場する陸上部の生徒たちをそれぞれ応援しました。選手たちは胸を張って登壇しました。応援もいつものように心が入った「魂の応援」となりました。その席で校長先生は「もう1度、壮行会をやりたい」と話されました。そして… そのお話が現実となりました!  見事、卓球部の皆さんが「北信越大会」への出場を果たしたのです。団体戦、男女共に「第3位」となりました。長野県で3位、しかも男女の両チームがです。素晴らしい結果です。  また、女子個人では「丸山 渓さん」が第2位、「宮本 日菜」さんがベスト8となり、2人そろって北信越大会の切符を手にしました。これも素晴らしいこと、快挙です!!  卓球部は、団体・個人共に北信越大会へ進み、全国大会をめざします。いよいよ全国大会が見えてきました。 残された日々、よい準備をして全国大会に挑んでほしいです。頑張れ!東中卓球部!





 


NO.19 子どもの性被害防止教育キャラバン隊講演行われる!

写真 10日(月)、今年度最初の猛暑日の大変暑い中、「東三校健全育成懇談会」として、「子どもの性被害防止教育の講演会」が本校を会場として行われました。 今回の講演会では、PTAの役員の皆様が会を進めてくださり、地域からも各町の区長様をはじめ、民生児童委員の皆さん、育成会長・委員の皆様方、東三校の先生方、上高井郡の全中学校からも参加してくださりました。たくさんの皆様方にご参加いただき、地域の方々の支えや生徒たちを大切に考えてくださっている思いを肌で感じました。ありがとうございました。
講演会では、「インターネットの使い方」から人権侵害や性被害が起きていること、またそれらは決して他人事ではないことを学びました。 PTA会長さんからは「便利なインターネットではあるが、正しい使い方をしなければ大変なことがおきるので、そこをしっかり意識してほしい」と生徒たちにむけての お話しがありました。夏休みが近づいています。ご家庭でも「インターネットの使い方」や「トラブルからの回避」などについても 話し合っていただくとありがたいです。





 



NO.18 アズマデー(一日総合体験日)の様子から

写真一年間に二度ある「アズマデー」ですが、その第一回目が7月7日(金)に行われました。 1年生は「職場見学」、2年生は「職場体験」、そして3年生は「福祉体験学習」と「進路講話」が行われました。天候に恵まれ、屋外の活動も順調に行われ、一安心です。  そんな中で3年生は、先日の人権教育月間に引き続き、「福祉」について本気で考えました。手話劇・交流会では、お話をしていただいたり、実際に交流をしたりする中で、「聞こえない」「しゃべれない」などの障がいに関係なく、「共に楽しむこと」ができた、素晴らしい学びとなりました。 交流会場には「心の壁」がなくなり、文字通り「バリアフリー」となり、素敵な時間を過ごすことができました。この交流をとおして、「人権学習」も深められたように思います。









N0.17 プール開き行われる!〜プールでの学習がスタートしました〜

写真梅雨時の合間をねらって、7月3日のプール開きが行われました。 今年のプール開きは1年1組が担当し、校長先生のお話とクラスのJRC委員の決意が語られ、プール学習へと進みました。  中学校では、毎日プールには入りません。保健体育(週3回です)の授業時間のみとなります。それを聞いた1年生、「毎日やりたいな」「暑い日にやりたい」と少々残念そうでした。 暑い中、夏のプールは楽しみですが、何といっても安全第一です。ルールを守り、楽しい学習にしていきたいと思います。










N0.16「東祭にむけて…」 カウントダウン始まる!

写真7月に突入し、いよいよ「東祭」まで3ヶ月となりました。 これまでは部活動と並行して忙しい中で進めてきた東祭の準備でしたが、ここで「ギアのチェンジ」です。9月29・30日を意識した動きへと、その動きは加速しています。それに伴って生徒昇降口に掲示されている「カウントダウン」の数字も、どんどん減っています。(6/30時点では「あと89日」早いですね。)  3日(月)の生徒集会では、「東祭まであと90日・80日」と題して、確認集会が行われました。どの委員会も、東祭の成功にむかって、ぬかりない準備を進めています。  また、昇降口には同じく「クラス合唱への取り組み」も掲示され、数値化されています。各クラスがそれぞれ決めた「クラスの目標回数」に向かっての練習の様子、「努力の足跡」がグラフで確認できます。「6月から合唱練習が始まるなんて…」と驚きもありますが、これが今の東中です! 「歌声作り」には時間がかかります。それを意識した取り組みなのでしょうか、また、60周年記念音楽会へむけた気持ちの高まりなのでしょうか、音楽会が楽しみになってきました。










N0.15 第40回「住宅デー」で、グランド北側の階段を直していただきました!

写真6月23日(金)、須高建設産業労働組合様のご好意により、本年度も公共施設の修繕を行っていただけることになりました。 この取り組み「住宅デー」は、今年で40回になりました。毎回、須高建設産業労働組合様が建設職人さんの技術・技能を生かし、公共施設の修繕を無料で行ってくださいます。本当にありがたい活動、奉仕活動です。 東中学校では、昨年度に引き続き、グランド北側の階段を直していただきました。グランドの登り口に階段の役割をしている丸太があるのですが、その丸太が風雨にさらされる中で腐敗がすすみ、その役割が果たせない状況になっていました。その丸太を掘り返し、新しい丸太に変え、整地をしてくださいました。ていねいで手際よく、素早い作業に感激しました。これで生徒たちも安全に歩行ができます。「地域に支えられて生きている」ということを強く感じました。ありがとうございました。










No.14 いざ、北信大会へ!! 〜東中の全部活動で挑む北信大会〜

写真No.14 いざ、北信大会へ!! 〜東中の全部活動で挑む北信大会〜 今朝は「壮行会」が行われました。明日の北信大会、そして7月1日(土)の県陸上大会、それそれの大会に進んだ、東中のすべての運動部の面々が胸を張って壇上に上りました。 「こうして全運動部が次の大会へと進むことはなかなかできないことです。自信と自分の周りの人への感謝の気持ちをもって、大会に臨んできてください」と副会長の激励の言葉がありました。まさにその通りだと思いました。努力した生徒たち、頑張って応援した仲間たちはもちろん、保護者の皆さんを始めとして多くの皆さんに支えられて手にした北信大会への切符です。感謝の気持ちを忘れずに、明日から思い切り戦ってほしいと願います。 生徒の皆さんの活躍と、最後まであきらめない「東中生の粘り」を期待しています。










N0.13 コスモス街道へ「サルビア」定植! 〜恵みの雨は・・・〜

写真ポット植えから約1ヶ月が過ぎ、サルビアの苗も大きく成長しました。いよいよコスモス街道へ「定植」の時です。全校集会を開き、まずは定植の仕方の最終確認をしました。 そして、クラスごと自分たちの分担場所に植える苗を運びました。厳しい暑さの中でしたが、重いサルビアの苗をもちながらコスモス街道へ移動する生徒たちは、笑顔でやる気満々!「東中の生徒らしさ」を十分に見せてもらった瞬間でした。 東中の担当花壇はおよそ500m!1つのクラスが担当する花壇はおよそ80mもあります。 学級減のため、1クラス当たりの担当花壇が長くなっているようですが、生徒たちは黙々と定植作業を続け、「水やり」や「草とり」も始まりました。活動時間は40分ちょっと、かなり集中した取り組みができました。 ただ、水やりは大変です。川から水をくみ上げるので、体力が必要です。水やりがこれからの課題です。 そんな中での夕方の雨!量は少なかったのですが、まさに「恵みの雨」でした。雨のありがたさを改めて感じました。












N0.12 全部活動『北信大会出場!』 東旋風巻き起こす!!〜中体連上高井大会〜

写真 6月10・11日の両日は、「上高井中学校体育大会」でした。この日に照準を合わせて、3年生を中心とする生徒たちは準備を進めました。東中は、どの部活動も人数は多くありません。少数精鋭、少人数で郡内の強敵に真っ向から挑んだ2日間でした。
各競技・各会場で生徒たちは躍動し、1年生を中心とする応援団は声をからして全力 で応援しました。その姿は感動的でした。女バスを応援する男バスの姿に、会場から拍手が起き、その流れが相手チームにも広がって行きました。素晴らしい瞬間でした。 東中学校は、全部活動が次の大会への切符を手にしました。
 また、個人の切符も大勢が獲得しました。とてもうれしいことです。チーム・生徒たちの活躍に感動いたしました。個々でみると試合の勝敗はそれぞれですが、自己ベストを更新したり、最後の最後まで粘ることができたりと、大会を通して生徒の成長・輝く姿を見ることができました。
 保護者の皆様、各会場においての応援、そして温かな声援、ありがとうございました。













NO.11 美しい学校をめざして〜校長講話の実現へ〜

写真写真は、生徒たちの清掃の様子からです。今年度より清掃時間が 正式に10分間となりました。当初は「10分間は短いかな…」という心配もありましたが、4月より2ヶ月間を経て、今では10分間が身につき、「集中しなければ…」の 思いとなり、各所で充実した清掃が行われています。まさに「三心清掃」です。以前の校長講話(5月10日)で、「美しい学校」について、学校長からの発信があり ました。その発信に対する生徒たちの応えが、「一人で黙々とトイレ清掃をする」「窓のサンのゴミを掃く」「棚や机のホコリを拭き取る」「中庭の落ちた花びら を集める」「膝をついて隅から隅までぞうきんがけをする」などの姿であり、今の清掃の中に見られ始めています。 「やらされる清掃から自分で気づく清掃へ」という高見に向かって進む生徒の姿です。













NO.10 創立60周年記念「航空写真」の撮影をしました!!!

写真 5月31日(水)、第2校時に全校生徒・職員で「「航空写真」の撮影を行いました。全校で「東中」の巨大『人文字』をつくり、上空からセスナ機で撮影します。
今回のリーダーは「生徒会」です。前日から各クラスを回り、文字の担当場所を伝えたり、色の付いたエプロンの付け方や開く角度、並び方などきめ細かく準備・指導したりしてくれました。なかなか難しい活動で、これまでは先生方が担当してきたことですが、今回は生徒会役員が挑戦してくれました。
当日も拡声器を片手に、汗を流しながら指示・誘導をし、見事に撮影を完了させてくれました。 業者の方も「中学の生徒さんが全校を動かすなんて経験は初めてかもしれません」とビックリ… そして「素晴らしいですね」と話してくれました。 この航空写真は、創立60周年記念のクリアファイルになります。また、航空写真として、 地域の写真とともにレイアウトされ販売もされます。お楽しみにお待ちください。














No.9 第1回PTAの皆さんによる「コスモス街道草取りボランティア」

写真No.9  第1回PTAの皆さんによる
「コスモス街道草取りボランティア」
5月27日(土)朝7時30分、前日までの雨がやみ、PTAのコスモス街道の「第1回 草取り」が行われました。1学年の保護者の皆さんが中心となり、約70名の方々が集まりました。中にはご夫婦でのご参加もあり、PTAの皆さんの意識の高さを感じました。 前日までの雨のおかげか、草が根元から簡単に抜けました。
しかし、やはり自然の力は凄まじく、初夏に向かって元気よく育つ雑草たちは強敵でした。
そんな中で、お父さんたちによるビーバー隊の活躍があり、お母さんたちの草刈り鎌隊の丁寧な作業があり、1時間ほどの作業で、端から端までのすべての草取りが終了しました。
ですが、保護者の皆さんの作業は終わりません。草の片付け、アスファルト部分の掃き掃除、サルビアが植えられるところの整地… 完璧な作業が続きました。「こうした『プロの仕事』が、子どもたちに引き継がれて、つながっていくのだな」と実感しました。 サルビアの苗の定植に向けた準備がまた1つ終わりました。
生徒たちによるサルビアの定植は「6月15日(木)」に予定されています。また、ご報告いたします。
第2回は、7月1日(土)が予定されています。よろしくお願いいたします。














No.8 「創立60周年記念にむけて 〜しおりづくりはじまる〜

写真4月、東中学校を彩ったソメイヨシノや八重桜を使って、押し花ボランティア(信越押花倶楽部の皆さん)のご指導の下、生徒会役員が作った「桜の押花」 この押し花を使って「桜のしおり」づくりが始まりました。ボランティアの皆さんが、大切に保管してくださっていた美しい彩りを残す花びらやつぼみ、若葉の押し花をつかって、世界にひとつしかない「しおり」がつくられました。1人2枚を制作する中で、「難しいな」「俺ってセンスいいね」「〇〇さんの綺麗だな」のように、笑顔で友だちの作品を鑑賞しながらも、とても真剣にしおりづくりに励みました。  「1枚は自分のもの、もう1枚はお客様に…」そんな気持ちでしおりがつくられています。 5/26の3学年をスタートに、5/29(1学年)・6/5(2学年)の順でしおりづくりは続きます。何度も学校に足を運んでくださる押し花ボランティアの皆さんに感謝です。














No.7 「キャリア講演会」と「進路講話」が行われました…【平成29年5月19日】

写真 5月19日(金) 東中学校伝統の「キャリア教育講演会(2年)」と「進路講話(3年)」が行われました。 2年生の「キャリア教育講演会」では、長野市・須坂市の4つの事業所から、福祉施設・自動車販売・印刷・公共施設の4名がパネラーとなり、「働くこととは」のテーマでディスカッションが行われました。生徒たちは聞き手としてだけでなく、質問や意見を語りながらディスカッションに参加し、パネラーのお話に自分の生き方や働くことのやりがいや生きがいについても重ねて考える機会がもてたようです。 3年生の「進路講話」では、須坂高校・須坂東高校・文化学園長野高校の校長先生・教頭先生方からお話しをいただきました。これまで漠然と感じていた「高校」「入試」等について自ら知る機会がもてました。学びの多い1日となりました。















コスモス街道集会 〜ポット植え〜…【平成29年5月16日】

写真 5月15日(月)、今年も「コスモス街道をサルビアで花いっぱいにしよう!」の願いのもと、生徒会の集会が行われました。集会の中で緑化委員長・副委員長は「昨年は暑さのためにサルビアの花が大きくならなかったので、今年こそは…」とその思いを語りました。また、コスモス街道ボランティアとして、森山さんと田辺さんが生徒たちに指導してくださいました。集会の時から集中して話に耳を傾けた生徒たち、ポット植えの作業が始まってもその集中力は途切れることなく続き、真剣なまなざしで本気で作業ができました。その姿をみた森山さんは「一人もサボる生徒がいないし、やる気があって素晴らしい。 東中生徒はどんどん進化していますね」と話されました。いろいろな場面で頑張る生徒の姿をみていただけました。








今年も読み聞かせボランティア始まる!!…【平成29年5月9日】

写真 5月に突入しました。
先日はのさくらの押し花(しおりづくりのためのもの)ボランティアにつづき、8日(月)には、「ほしのこえ」の皆さんにより「読み聞かせ」のボランティア活動が行われました。
本校における「ほしのこえ」さんの活動は、平成16年から始まり今年で14年目。月1回のペースで素晴らしい朗読を続けてくださっています。「読み聞かせ」の時間は、5分〜10分間。その短い時間の中で、声の強弱や声色の変化、間などをつかって豊かな世界を演出してくださいます。「ギリシア神話っていいよね」「絵本も楽しいね」とは生徒たちの声。地域の皆さんに支えていただいている活動の1コマです。










3年生が修学旅行に行ってきました…【平成29年4月28日】

写真 4月24日(月)から27日(水)の3日間、3年生は「奈良・京都」へ修学旅行でした。天候にも恵まれ、昨年度からの事前学習を生かした、実り多い3日間となりました。 生徒たちから、3日間の感想を聞いてみると、見学場所では「東大寺の大仏の大きさに感動した!」「約1300年も昔につくられた法隆寺の姿に感激した!」「当時の人たちの技術の高さはすごい!」などの声が上がりました。思い出に残ったエピソードとしては、「2日目のタクシー見学」をあげた生徒が大勢いました。仲間たちと古都「京都」をタクシーで探訪した1日、いろいろな発見や体験ができたようです。 また、学校長や宿舎の女将さん、添乗員さんのお話によると、時間を意識し、プラスαの時間を生み出した行動の良さ、誰にでも自然にできるあいさつ、男女を問わない「食欲の旺盛さ」、マナーを守り、ケガや病気もない素晴らしい行動であったとのことです。 3年生が、その姿・行動で東中の現在の姿を発信してくれました。これも新しい伝統です。 。










東中の桜も満開!その桜を使って…【平成29年4月21日】

写真 臥竜公園の桜と時を同じくして、東中学校の桜も満開の時を迎えました。 校門近くに咲く「しだれ桜」、校庭を取り巻くように咲き乱れる「ソメイオヨシノ」、 見事な花となりました。 この桜をバックに「記念写真」を撮ったクラスや「花見」をしたクラスなど様々な動きがありました。 そんな中で、「創立60周年記念」にむけて、生徒会も動き出しました。 今日は、ボランティアの方々に「押し花」のご指導を受けながら、桜の花を押しました。 これが、60周年を記念する「しおり」になります。次は「乾燥」の作業をすすめ、しおり作りは「5月下旬」になりそうです。










1年生への部活動説明会【平成29年4月14日】

写真 1学期も2週目を終えました。
今週は、生徒会や部活動で、「先輩から後輩」へ、いろいろな説明会が行われました。
2・3年生の説明を真剣に聞く1年生、そこには東中の歴史や魂が1年生に伝えられる瞬間がありました。
写真は、14日に行われた「部活動説明会」の1コマです。各部が、1人でも多くの新入部員を獲得しようと「パフォーマンス」を工夫しました。これから仮入部が始まります。










平成29年度入学式【平成29年4月6日】

写真本日は入学式でした。
式までの待ち時間、在校生は静寂を続け、落ち着いた入学式をつくりあげました。
 「素晴らしい入学式」「整然とした生徒たちの姿」がご来賓の方々から称賛をいただきました。 多数のご来賓や保護者の方々に参列していただく中、校歌合唱で式を閉じました。男子35名、女子21名 計56名の入学生が、新たに東中学校に加わりました。全校生徒184名の活躍が期待されます。
 今年度も本校の教育活動にご理解・ご支援よろしくお願いいたします。










平成28年度卒業式【平成29年3月15日】

写真本日は第59回卒業証書授与式でした。
心配していた天気は見事に晴れました。
多数のご来賓の方々に参列していただき、「厳粛なうちにも心温まる」といった表現にふさわしい式でした。全校合唱の後に3年生の合唱で式を閉じました。男子45名女子33名計78名の卒業生が東中学校を巣立っていきました。中学校の3年間は、生徒たちが、身も心も大きく成長するものと改めて感じさせられました。 1年間、本校の教育活動にご理解・ご支援をいただきまして、ありがとうございました。























バナースペース

東中学校

〒382-0033
長野県須坂市亀倉6-6

TEL 026-245-2342
FAX 026-248-8831